個人事業主 友人

厳しい面もたくさんある個人事業主(自営業)

私自信は現在29歳の男性会社員をおこなっております。これは友人の話となります。友人は個人でお店を経営をしております。それで個人営業での仕事のしんどさなどをいろいろと教えてくれました。

 

個人事業主(自営業)

 

ほんとうに自分ひとりですべてを切り盛りをしております。服屋の経営をおこなっております。それで借金などもしました。負債としての資本金となります。銀行にいろいろとお金を調達をしたようです。

 

クレジットカードなども自分で用意をしたようです。

 

クレジットの中には、個人主としてのクレジットカードが存在をしているようです。そして一般のクレジットカードと違いかなり優遇をされたところがあるようです。クレジットカードを発行すると同時にガソリンカードなども発行を受けることもあるようです。

 

それは、ガソリンの洗車料金の無料や、ガソリンの補充の割引など、一般の人は違いかなりの得点や優遇といったものがあるようです。

 

それだけを聞いていると自分はほんとうにうらやましいとおもっておりましたが、それでも個人の経営というのはかなりリスクを背負っているようで、クレジットカードの優遇やガソリンカードの発行などはあって当たり前かもしれないと自分は思っておりました。

 

ですが、自分はほんとうにこの話がうらやましい思ってしまい、自分は脱サラをして、今までの財形貯蓄を資本金として活用をおこない、経営学を学んで独立などもいいのかもしれないと思い始めました。

 

そのことを友人に話すと、そんな気持ちでは絶対に成功はしないといわれました。

 

経営主、つまり社長というものは酔狂や利益をあげたいといった単純な思いだけでは絶対に成功はしないといわれました。
使命感がなくてはいけないと名言をいわれ、少し反省をしてしまいました。