個人事業主がガソリンカードを使うことのメリット

ガソリンカードにはメリットがたくさん

みなさんはガソリンカードを所持されてますでしょうか?

 

きっと多くの方はガソリンカードと聞いても何のカードの事か分からないと思います。

 

それはどうしてかというと、多くの人は車にガソリンを給油しようと思った時にそのガソリン代の支払いをお得にしようと思う人は意外と少ないからです。

 

そもそもガソリンカードというのはガソリン会社とクレジットカード会社が提携して発行するカードの事で、このカードを使ってガソリン代を払えばガソリン代が割引されるというとても便利なカードです。

 

という事は日頃からよく車に乗る人にとってこのガソリンカードはとてもありがたい存在なわけです。中でも自営業をやっているという方は普通に会社勤めしている人以上に仕事で車に乗る機会が多いと思います。

 

そういう個人事業主にとってガソリン代を少しでも安くできたら良いと思うのは普通の事です。ですが、そういう個人事業主の方でもクレジットカードを発行するのが面倒だとか、ガソリンカードのメリットをきちんと理解していないとただ従来のクレジットカードを発行するのと同じ感覚でいては全くガソリンカードを発行しようという気持ちにならないと思います。

 

でも、ガソリンカードを持つ意味がちゃんと理解できれば多くの個人事業主はきっとガソリンカードを発行しようと思うようになると思います。

 

確かに普段からあまり車に乗らない人にとってはガソリンカードを発行する意味はあまりないと思います。

 

ですが、いつも仕事で長距離を走る個人事業主にとってはガソリンカードを発行する意味は大きいです。

 

なぜなら、ガソリンカードを作って提携のガソリンスタンドで支払いをすればリッター2円くらい安くなるので20リットル給油すれば普通に支払うよりも40円安く給油できます。

 

なので頻繁にガソリンを使う個人事業主はガソリンカードを発行した方が良いです。